現在位置:

お問い合わせ

シュロス・ディーク

Schloss Dyck

シュロス・ディークはJüchen市に位置して、ライン地域で重要な城堡文化遺産である。それは前にSalm-Reifferscheidt-Dyckの伯爵の代々の居住地で、それも領地の公邸である。

この雄大な水辺の宮殿は900年ほどの歴史を持って、景観公園に囲まれて、珍しい林木は公園のいたるところにある。

シュロス・ディークの領主が変化がいないで、しかも建物全体がよく保存して、今まで依然に雄大である。この17世紀に建造されたバロック式の城堡はほとんど昔の風采を完全に維持している。城堡の周りに英国スタイルの景観公園に囲まれている。1819年に、スコットランドの造園家Thomas Blake はJosef王子に依頼されて、この園林を設計しました。

シュロス・ディーク基金会

"1999年、一つの特殊な意味を持つ計画はシュロス・ディークの歴史を新しい段階にならせている。1999年12月、非営利組織のシュロス・ディーク基金会が正式に創立されて、この基金会の主旨は:園芸と景観の文化の中心として、基金会は園芸芸術の歴史と現状に関する展覧を開催して、そして現実の情況によって学術機関を創立している。基金会の共同創設者はMarie Christine Wolff-Metternich、ライン・ノイス郡、Jüchen村、 North-Rhine Westphaliaとライン景観協会である。再建案について、ノルトライン・ヴェストファーレン州とライン・ノイス郡 は基金会に長期的な支援を行う。"

新しい園林

2002年のガーデニング祭を用意するためには、もとの古堡と花園に基づいて、また「Parc Agriculture」と呼ばれる新しい園林を建造している。ガーデニング祭の画策から実施まで、ライン・ノイス郡 とJüchen村から大な援助を受けられている。「海洋」の中で、観光客は24つの観賞性、現代風格を持っている園林を観賞することができて、これらの「海洋」は実はあしから構成して、年々絶えず成長している。新しい園林は2003/2004年度ノルトライン・ヴェストファーレ州景観建築賞の一等賞を獲得している。2003年に、そのデザイナー、青年の造園家Stefan Lenzen (RMP Office)はもうドイツの景観建築賞の中で受賞しました。

シュロス・ディーク庄園

シュロス・ディーク庄園に四つ島があって、島に城塞と農業の建物がそびえたっている。1665年から建てられたバロック式の建物は外観が雄大して、レイアウトが合理である。ディークは軍事堡塁と官邸だけではない。住宅と農業の建物の結合は、この雄大なライン水辺宮殿の特色である。城堡公園には多くの珍しい林木もある。多く著名な園芸者はディークで仕事をしたことがあって、例えば昔のPeter-Josef Lenné、Maximilian Friederich Weyheおよび後のHermann Maternである。すべてのは、輝かしいラインの文化史を証明して、同時に多くの観光客を引いている。

園林芸術と景観文化のセンター

また2003年に、ディークにドイツで唯一の「園林芸術と景観文化のセンター」を創立して、同時に園林芸術の展覧会も開催されている。展覧会の開会式は「歴史」、「景観」と「優雅」3つの部分に分けて、これも10年前に建物の部分を修復してから、初めて城堡と庄園を開放することだ。「歴史」の部分はシュロス・ディークの古今の歴史の転変を、「景観」の部分の主要な内容は18、19世紀の園林景観を展示している。 「優雅さ」の部分に展示するのはスポンサーJan Houtが推挙された10人の国際で有名な現代のアーティストの作品であって、これらの作品は建築様式と都市魅力を環境と微妙に結合している。「歴史」と「景観」はいつまでも観光客向けに開放して、「優雅」は2006年9月に終っていた。

ギャラリー