現在位置:

お問い合わせ

インターナショナル・シューレ・アム・ライン・イン・ノイス

Foyer einer Schule

Schule |


Rhein-Kreises Neuss、Neuss市と中部ライン地域での商
工会議所(IHK)の主導のもとで、
インターナショナル・シューレ・アム・ライン・イン・ノイス(ISR)が創立して、
それはインターナショナル・スクール・オブ・フローレンス(ISF)
の教学と管理パターンに参考した。ISR監事会が2002年10月に創立している。

2003/2004学年の初め、この私立学校はすでに州政府から
許可を獲得されて、Hammfeld職業訓練センターの仮設教室で授業をしている。
Neuss におけて,これは初めて16カさまざまな国の学生がひとつ屋根の下で授業をしている。
しかし、就学前教育から高等教育まで全部含む学校を創立するなら、
職業訓練センターだけの資源に頼るのははるかに足りない。
そこで、インターナショナルスクールはKonrad-Adenauer-Ring
で自分の校区を建設することになった。

10カ月にわたって建設した後、キャンパスの主要な建物は2007年10月に竣工して、
ISRは最終的に家を都市内に定住している。

学校が14000平方メートルの現代化の教室に引っ越してから、
学生は30カ国(地域)に増えている。SABIS®教育ネットワークのメンバーとして、
ISRは一流の国際の教育コンセプトを採用し指導原則として、
しかもこれらのコンセプトは全世界における40
あまりの同様の学校に長期的な実践基礎を持っている。

英語を日常の交際と授業言語として、就学前教育の時期
から学生のため多言語環境を構築するべきであり、これはますます重要になっている。

「インターナショナルスクールの多言語教育はライン・ノイス郡
の非常に重要なロケーション要素である。
海外の人材はあるところで子女の素質を向上させられる有名な学校だけを見つけたとき、
彼らは当地で就業することを考えられている。世界の有名な企業にとって、
これは同等に重要である。グローバル化の時代におけて、地域の国際競争におけて、
インターナショナルスクールのロケーション優位
がライン・ノイス郡の持続発展に対して重要な意味を持っている。」――郡知事 Dieter Patt

isr_panorama