現在位置:

お問い合わせ

エネルギー源の都市--ライン・ノイス郡

Schaufelradbagger

Braunkohletagebau Garzweiler, Jüchen


インノイス郡は豊かなエネルギー源を保有して、文面でも同様な意味を読みとる。
ここに褐炭があるだけでなく、太陽エネルギーと風力エネルギーもある。
イン・ノイス郡はライン川の褐炭地帯に属して、
それ褐炭の埋蔵量はヨーロッパで首位を占めている。
Grevenboichに位置する炭鉱はFrimmersdorfとNeurathの発電所に隣接していて、
毎年の発電能力は4百万ほどキロワット時である。
それゆえイン・ノイス郡は世界で最大な褐炭発電所を保有する都市である。
植生を回復した炭鉱地区の付近に、生態価値を持つリビングエリアになっている。
この土地の再利用の理念は国内外に風靡している。

今、1個の大規模エネルギー源の項目はを建設している。RWE
Powerは22億ユーロでNeurathに世界で最も先進的な褐炭発電所を建設されている。
新技術は褐炭利用率を43%になって、気候を保護することに有利である。

同時にRhein-Kreis Neussも再生エネルギーを利用している。1991年、
Grevenbroich Strom は Neurather See
にヨーロッパで最大な太陽光発電システムを建設された。
1995年、第1個の風力発電所がVollrather Höheで生産開始し運営している。
それ以外に、風力エネルギーの領域で、Windtest Grevenbroich GmbH
は有名な独立な検出機構とサービス機構で、それはRhein-Kreis
Neussに属している。それは内陸国家で最大な風力エネルギー設備の検出所で、
国際標准に基づいて垂範発電所と新築発電所を検出し認証している。

経済と新型エネルギーの技術発展の未来であっても、
Rhein-Kreis Neussはヨーロッパでエネルギーの都市の地位を保持することができる。
これも郡首のDieter Patt から提案した「Rhein-Kreis Neuss
エネルギー公約」の目標である。
このエネルギー提案は生態と経済についての展望性観点を出して、
高効なエネルギー源の排出気体の利用と研究及び普及を包括している。

ギャラリー