現在位置:

お問い合わせ

郡の紋章と標識

ライン・ノイス郡の新しい標識

Blaues Logo2001年の末に、御郡の交流策略委員会は新しいイメージデザイン案を採用することを賛成されている。この根本的な策略は、われわれの都市経営の将来性に計画を立てるものである。

会社のコーポレートアイデンティティ(CI)のような、政府の標識を「管理標識」と考えられている。CIの概念の目的は郡の行政部門及び下役機関の形象を一致させている。そのためニュース部と広報部は法定的な政府のイメージのガイドラインと実施説明を編纂している。

単純であるが美しい。この標識は透かしのロゴのようである。標識での名称の字母は小文字で、しかしここだけに使用されて、それはいかなるブランドの名称を代表しない。

郡の紋章

KreiswappenKurkölnischer十字架とJülicherライオンがライン郡の伝統を象徴して、大部分の土地はもとにKurkölnischerとJülicherの領土に属するためである。

1975年ドイツの行政区域計画の中で、政府が旧Grevenbroich郡に調整を行う:元に町村村ではなくNeussを町村村に変えて、Neuss町はNeuss-Grevenbroich郡の首府になっている。

2003年7月1日から、この郡は正式にライン・ノイス郡と呼ばれて、あとでノルトライン・ヴェストファーレン州の内務部長は新しい郡名を起用することを批准する。

1952年5月2日から旧Grevenbroich郡の紋章を使用し始めて、ライン・ノイス郡は依然にもとの郡の紋章を使用している。

市民の紋章

Modifiziertes Kreiswappenいつもクラブ、機関、会社と個人に尋ねられる:公共の宣伝あるいは商業活動の中に、ライン・ノイス郡と結び付けられるために、ライン・ノイス郡の郡の徽章あるいは標識を使うことができるかどうか ?

紋章と標識の図案が法律に保護されて、いかなる個人と組織は紋章あるいは標識を使うたら明確な授権を得らなければならなくて、しかし変化の紋章を使うたらいかなる授権や批准を必要がない。あなたは紋章/標識の図案を無料でダウンロードし使用することができて、しかしどんな情況でも、どんな方式でライン・ノイス郡の名誉を害することをしてはいけない。