現在位置:

お問い合わせ

多様な 連結

Befahrene Eisenbahnbrücke

Eisenbahnbrücke, Neuss

Kreisportrait |

水、土地、鉄道、空における滞ることのない交通

ライン・ノイス郡は、たとえそれ自身のうちに十分に利用でき る空聞があっても、ライン鉄道、ルール地域、ドイツ・オラン ダ・ベルギー三国国境と一緒になると、地域全体がヨーロッパで最も人口密度の高い地域の一部を成すようになります。したがって重要なことは、人や物を目的地に運んでくれる強力な交 通が提供されることです。
ライン河は昔から、アルプスと北海を結ぶ最も重要な交通路のひとつになってきました。旅行者ルートとなることで輸送路と しての人気は下降したが、ライン河は以前として輸送船による交通の意味を持ち続けています。
州都デユツセルドルフの港と合わせて見れば、ノイス港はその 経済的な意昧においてドイツ最大の河川港のひとつであり、海 岸モーター船によって達することのできるライン河の港として最南端に位置しています。その増大する意昧はコンテナの荷済みにあります。いわゆる連結交通の点で、ここに 極めて良好な条件が揃っています。港から独自の鉄道路線とアウトパーン への連結が自由に利用できるからです。

ライン・ノイス郡から全ての方向に向けた空の交通が利用できる

多くのアウトパーン、鉄道線、ライン河に掛かる橋が良好な 交通の流れを保証してく れます。 郡の8市町村の全てが鉄道によって結ばれ、 5 つのアウト パーンに連結されています。 ラ イン・ノイス郡では、道がそのまま目的地に通じているのです。 素晴らしいインフラストラクチャーは、経済成長で成功を収め るために最も重要なロケーション上のメリットを提供します。
しかし交通の流れにとっては、ライン・ノイス郡内の連結だけ では足り ず、 郡外に向けた連結も重要になります。
経済とツーリズムは、空の交通からも大きな利益を得ていま す。デユツセルドルフ及びケルンの国際空港が、いわば「玄関 のドアの前」にあるように、近くにあるからです。デユツセル ドルフとケルンで聞かれる見本市にも、同様に簡単に行くことができます。ルール地域やオランダへの道も、それほど遠くはありません。
自転車や歩行者、遠足やジョギング、スケート、乗馬、その他の運動にとっても、そのための環境が理想的な形で整備されて います。

ギャラリー