現在位置:

お問い合わせ

自然 士ネルギ-

Schaufelradbagger

Braunkohletagebau Garzweiler, Jüchen

Kreisportrait |

地、風、水、火ー生存の需要を満たす根本的な力

ガルツヴアイラ一一帯の褐炭は、ヨーロッパーの埋蔵量 を誇り ます。 広大な採掘場の巨大なパケット 掘削機は、それどころか世界最大規模の掘削機になります。
ノイラートの褐炭火力発電所で使われる世界最新の技術 と 設備のために、 RWEは、 22億ユー口を越える資金を投資しました。
しかしライン・ノイス郡でエネルギー産出に用いられて いる原料は、褐炭に限られているわけではありません。 地域に住む何百万人もの人々に供給される 電力の産出には、 あら ゆる元棄が利用されていま す。 ただし 、 伝統的な水力発電は、もはや重要なエネルギー源とはなりにく くなっています。
フォ ルラートの高台に立つウ インド パークは、 ノ )しト ライン・ヴエストフアーレン州最大の風力発電施設のひと つになっています。フリマースドルフの高台には、風力 エネルギーの試験と研究のためのテストフィールドが造 られています。

解体、改作、建て増し、建設:リソースを利用し、生活空間を形成する

今は物思いに誘う風車の時代ではありません。 ラ イン・ノ イス郡の多くの場所には、 確かに今でも 、 エネルギー獲得の歴史的な証拠として風車を目にします。し泊、しそれら 文化や経済史の記念物として残っているにすぎま せん。
景観の維持洗練は、ライン・ノイス郡の最も重要なテーマのひとつになっています。それは結局、エネルギー獲得とは関係がありません。持続可能性は責任意識を持っ た経済学のキ一概念のひとつです。
リソースの保護やリサイクリング、再利用、環境保護の ような生態学的な観点肱、生活空間の将来的な形成が問題となる場面では、ライン・ノイス郡においてももちろ んアジエンダの最上位に位置しています。この点に関し ては、経済と協力して、この聞に世界中で問題とされているような能力の開発が進められています。

ギャラリー