現在位置:

お問い合わせ

歴史的 遺差

Obertor in Neuss

Kreisportrait |

ノヴエシア(新しい都市):ローマ由来の都市、ハンザ都市、ドイツ最大の郡都市。

アウグストゥス皇帝がローマ帝国を支配していたとき に、その兵士たちが今日のノイス市旧市街の南に軍営を
設営しました。 ぞれが 3つある ド イツ最古のローマ人新開地のひとつです。ライン・ノイス郡にはこのノヴ工シア だけでなく 、 2000年以上前の古代ロ ーマ人の植民を示す証拠が数多く残っています。

またそれだ付でなく、さらにノルマン人、スペイン人、 力口リング王朝やメ口ヴイング王朝の人々、フランス 人、プ口シャ人が居住した痕跡も残っています。ノイスがハンザ都市であること 、 15万人を越える 人口によって、今日ドイツ最大の郡都市となっていることも、多く の人々には知られていません。

関税施設のツオンス:童話のような中世の世界

12世紀初めに、 ここ に城塞が建設されました。 ド ルマーゲンに属すこのツオンスは、ライン・ノイス郡で最も有 名な名所となっています。 「二ーダーラインの口ーテン プルク」は中世の宝物です。歴史的な街の姿をそのまま 伝えるかつてのケルン大司教区の守備砦は、周囲から多くの訪問者を集める名所となっています。その独特な雰囲気を味わい、この中に設置されたライン・ノイス郡の 文化センターの交代展示を見るために、遠く外国からも旅行者がやってきます。

修道院、教会、 城塞、 居城: タイムスリップのような遠足

ノイスとツオンスは、歴史的な建築文化の愛好者にとって、 2つの目標地に すぎ ま せん。 ラ イン・ ノ イス郡には、その他にも多くの砦、城塞、支配者の居城、家屋敷が残 っています。土地を旅することは、歴史の物語に対する興味を掻き立ててくれます。数多くの歴史的な記念物が よく手入れされ、訪問者を待っています。
多くの重要な史跡に博物館が設置され、伝統の世界に誘ってくれます。ここではまた 例えばクネツヒトシユテ ーデン修道院で集りの目に昔の歌が歌われるように、生 活の歴史に眼差しが向けられ、文化がそのままに演出さ れます。

ギャラリー